2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

固定ページ

ソファーとしてもベッドとしても使えるソファベッドについて

ソファーには、様々な種類があります。ゆったりとくつろいで座れる以外にも、便利な機能が付加されたソファーもあります。その1つがソファベッドです。ソファベッドは、名前の通り、座るだけではなくベッドとして使うことも出来るタイプです。そのため、普段はソファーとして使い、必要に応じてベッドとして使えるため、来客が宿泊する場合や、部屋が狭い場合、家具の数を減らしたい場合などに適しています。つまり、ソファベッドのメリットは、2種類の家具の機能を1つの家具に持たせているので、省スペースであることが挙げられます。


このソファベッドには、大きく分けて2種類あります。引き出しタイプは、座面を手前に引き出すことでベッドになるタイプです。引き出しタイプは、ソファベッドをソファーとして使うことが多い場合に適しています。折りたたみタイプは、背もたれをたおすことでベッドになるタイプです。折りたたみタイプは、ソファベッドをベッドとして使うことが多い場合に適しています。引き出しタイプに比べると、少々広いスペースが必要になります。ソファベッドを購入する場合は、とても安い値段のものや、中古品は避けた方が良いです。なぜなら、ソファベッドは、普段からソファとしてもベッドとしてもよく使う場合、耐久性が低下しやすいからです。そのため、ある程度しっかりとしたつくりのソファベッドを選ぶことが大切です。ソファベッドをより長く使いたい場合は、背もたれなどがセパレート式になったものがおすすめです。


セパレート式のソファベッドは、手入れがしやすく、へたりが気になってきた場合は部品を交換することも出来ます。また、自分の好みのクッションに交換することも可能なので、寝心地をさらに良くすることも出来ます。ソファベッドをお店で購入する場合は、実際に座ってみたり、横になってみたり、動かしてみたりすることがポイントです。ソファベッドの中には、変形させる時にコツが必要なものや、ある程度の力が必要なものがあります。そのため、自分にとって使い勝手が良いものかどうか確認することが大切です。折りたたみタイプは、引き出しタイプに比べると、サイズが大きく分割することが出来ないため、ソファベッドを購入する前に、あらかじめ設置予定のスペースや搬入経路の幅を確認しておき、それらのサイズに見合ったソファベッドを選ぶことも重要です。このようなポイントを押さえて、自分に合ったソファベッドを選ぶことが大切です。