リクライニングソファーについて

リクライニングソファーは、文字通り、背もたれを後ろに倒すことが出来るソファのことです。このタイプの中には、背もたれを倒すと同時に座面が前にせり出すものもあります。そのため、ゆったりと座ることが出来て、さらに、省スペースであることが魅力となっています。背もたれを倒せるソファには、ソファベッドもありますが、リクライニングソファーの場合は、背もたれを倒す角度を調節出来るようになっています。そのため、使う人の好みの角度で固定することが出来るのです。

3ピース式のリクライニングソファーの場合は、中央部分を前に倒すことで肘掛けや小さなテーブルとして利用することが出来ます。オットマンと呼ばれる足置きを併用すると、さらにゆったりと座ることが出来ます。リクライニングソファーの注意点としては、背もたれを倒すためのスペースが必要であることが挙げられます。リクライニングソファーには、先にも述べたように、背もたれを倒すと同時に座面が前にせり出すタイプと、背もたれだけを倒すタイプの2種類があります。座面が前にせり出すタイプは、背もたれを倒すと座面が前にスライドします。このタイプは、よりゆったりとくつろいで座りたい人に適しています。このタイプの中には、足置き部分があるものもあります。このようなメリットがある分、少々値段が高くなります。背もたれだけを倒すタイプには、背もたれを後ろに倒したり、前に倒すことが出来るものもあります。

分割された構造であれば、片側だけを倒してテーブルにすることも出来ます。こちらのタイプは、座面が前にせり出すタイプに比べると、値段が安く、前にも倒せるものであれば使い勝手がさらに良くなります。リクライニングソファーは、ある程度フォーマルなデザインであるため、リビングルームの他にも、応接室などにも置くことが出来るソファとなっています。また、背もたれを好きな角度で固定出来るため、仮眠を取りたい場合や、自宅で音楽鑑賞や映画観賞をしたい場合などにも適しています。購入する場合のポイントとしては、設置予定のスペースの広さを確認したり、設置する部屋にある他のインテリアのデザインなどを考慮して、それらに見合ったものを選ぶことが大切です。設置予定のスペースには、背もたれを倒すスペースや、座面が前にせり出すスペースなども忘れずに作っておくことが重要です。お店で選ぶ場合は、座り心地の確認も重要ですが、扱いやすいかどうかも確認しておくと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*